コンテンツが拡散されるための3か条【イケハヤとDJ社長のドスケベBL小説が1日で100RT】

スポンサーリンク

どうも、チーズフライささ美です。

昨日、こんな記事をアップしました。

エデンの「しょぼいマネーの虎」企画で100RTされたら10万円もらえることになった

そしたら約1日で拡散して欲しいツイートが100RTされていました。

100RTというのは弱小クリエイターにとって大きな数字です。

なぜ私がこんなにRTをいただけたのか説明します。

まずタイトルからインパクトをつける

「イクハヤ×ペペゼン地球DJ射精」。

これが私の作品のタイトルです。

ネット有名人の名前を下ネタでもじっただけですが、これのウケがまあ~~よかった。

タイトルだけ見てRTしてくださった人とかいましたもん。

やはりバズにはタイトルからして強いインパクトが必要ですね、

コンテンツを組み合わせた

上の記事の通り、「この作品が100RTされたら10万円がもらえる」という企画でした。

「あなたの1RTが1000円になる!」というキャッチコピーをつけて引用RTなどを行いました。

「イクハヤ×ペペゼン地球DJ射精」を純粋に気に入ってくれた人もいれば、

「BL小説が100RTされると10万円の金が動く」というところにエンタメを感じた人もいらっしゃいました。

おもしろがってRTする人が増えたのは、「アイデアの掛け算」があったからです。

「BL小説」と「RT数に応じた企画」というまったく異質なアイデアが組み合わさった結果、

爆発的にRTが伸びました。

あらゆる人脈を使い倒す

といっても、私も何もしなかったわけではありません。

人が多い時間帯でのセルフリツイートはもちろんしました。

それだけでなく、

・ヤるサロンのブログスレッド
・現在参加しているネットメディアライターLINE
・大学時代のサークルの先輩・同級生LINE

以上のSNSにRTしてほしい旨を伝えて共有しました。

どうしても達成したい物事がある人は、

なりふりかまわず助けを求めるのが一番ですね。

まとめ 受身でいるだけじゃ読まれない

どうしても読まれたい作品があるのなら、

書いて終わりではありません。

思いつく限りの宣伝を施して、

ようやく読者の目にタイトルが止まる程度です。

現代は、ネットの海に膨大なコンテンツが流れる時代です。

目立つにはそれなりの努力どころか、さらにアイデアと実力と運が求められます。

あなたの作品も、以上の3点をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。