発達障害の祭典「ハッタツフェス」応援します!

スポンサーリンク

どうも、先日発達障害が発覚したチーズフライささ美です。

詳しく→北朝霞の中村メンタルクリニックで発達障害の検査! ASD(自閉症スペクトラム障害)(旧区分:アスペルガー障害)と判明しました

診断された翌日、こんなクラウドファンディングを見つけました。

発達障害の方が主催する、発達障害のイベント「ハッタツフェス」です。

「これはもう運命だ!」と思い、早速支援しました。

発達障害診断を受けて1番困ったのが、世間に発達障害が理解されてなさすぎるということです。

自分ではがんばっているつもりでも、周りからは「やる気がない。サボっている」と見られることが多くて。
自分と周囲にギャップが生まれやすく、常に違和感を感じてしまいます。

間違った知識で批判されたりもするので、障害のことを隠したまま仕事や生活をされている方。
家族にすら相談できなくて、苦しんでいる方も多いです。

それって、おかしくないですか?

障害は一生無くなりません。
だからもう自分の価値観や生き方とは切り離せないんです。
発達障害だからって、人生をあきらめたくない!
堂々と胸を張って、自分らしく生きてきたい!
障害が個性のひとつとして社会の中で共存できる世の中になってほしい。

そのために必要なことは、障害について正しく理解してもらうこと。
ただ、いきなり理解してもらおうなんてことは難しいです。
だからまずは僕らみたいな人間がいるんだよってことを知ってもらいたい。
どんなことで悩んだり笑ったりしてるか伝えたい。

でも、重苦しい話を真面目くさってされるのもしんどいじゃないですか。
だから、僕は底抜けに明るくやってやります。
それが「ハッタツフェス」です。

引用元:発達障害でも好きなことして生きていく!『ハッタツフェス』を成功させたい!

とても素晴らしい心意気! あっぱれ!

私は特に、最後の文章に目を引かれました。

発達障害に関わらず、特定の病人が集まるイベントってなんか真面目そうで辛気臭そうじゃないですか。

あくまで印象ですけど、それじゃあつまらない。

そのイメージをいい意味でぶっこわしてくれたのが、主催者の六角人さんです。

「底抜けに明るく」。いいですね~~!

この時代、人を動かすのは「真面目さ」よりも「楽しさ」だと思っています。

チーズフライささ美のブログを読んでくださっているあなたにも、是非参加してほしい。

予定の都合がつかなくても、金銭的に支援してほしい。

そういう思いを込めて、このブログを綴りました。

みなさん、ハッタツフェスが少しでもよりよいものになるために是非支援をよろしくお願いいたします!

支援はこちらから↓

当日は私も参戦するため、もしよかったら会いましょう!

イベントレポート記事ももちろん書きます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。