イラストの値段の決め方 単価を上げるための方法3つ

スポンサーリンク

こんにちは! チーズフライささ美です。

クリエイターのみなさんは、SKIMAやココナラなどでお仕事を募集している方も多いのではないでしょうか?

しかし、適正な価格がわからない、と。

安すぎても生活できないし、高すぎるとクライアントの予算から外れちゃいそうだし。

イラストって世の中にあふれすぎているから、適正な値段がわからないんですよね。

フリー素材なんていうのもたくさんあるわけですし。

そこで、イラストレーターさんと幾度となく仕事をしてきたチーズフライささ実がズバリ! お答えしちゃいます。

イラストの最低単価はかかった時間×1000円

(最低価格:5000円)

「かかった時間」というのは、なにもラフから着色までの「絵の工程」だけではありません。

構図を考えたり、クライアントと打ち合わせするときの時間もコミコミで計算しちゃいましょう。

……言っておきますが、これは『最低価格』ですからね。

イラストレーターを名乗り始めた初心者でもこれくらいの金額は取りなさいよ、という話です。

続いては、イラストの単価を上げる方法です。

イラストの単価を上げる方法3つ

技術を高める

単純に絵の技術を高めれば、値段は上げることができます。

ただし、ネット上に上手い人はいくらでもゴロゴロいます、

値段の上がり幅も微々たるものであるため、あまりオススメしません。

自分の絵に納得できれば、それでいいんです。

専門を極める

問題です。水道トラブルの際は、どちらに頼みたいですか?

同じ価格だとします。

A 町の便利屋さん
B 町の水道屋さん

……100%の人がBに頼みます。なぜなら、専門性をウリにしているから。

たとえAの業者の方が技術が高くても、「便利屋」という広すぎるジャンルでは逆にそっぽを向かれてしまいます。

「なんでも描けます! お仕事ください!」という便利屋タイプの方、心当たりありませんかー?

基本的に、ニッチであればあるほど市場価値が高まり価格も上昇します。

「美少女専門」は山ほどいますが、「ファンタジーのオーク専門」などはニッチすぎて需要がありませんかね?

「ボーイズラブ専門」だと、チーズフライささ美はぜひとも小説の表紙を依頼したいのですが。

私自身の話で恐縮ですが、チーズフライささ美の「んほぉ系淫語BLエロ小説」は3000文字10000円という高単価で請け負っています。どうぞご贔屓に~~。

ネットから遠い場所で経験を積む

どんなにすごいイラストレーターも、どんな場所にでも直接出向くということはできません。

ネットから離れて地元の広報誌などに目をつけましょう。

ですが、「タダで書きます!」は絶対にやめましょう。言いように使われてポイ、もありえる話ですから。

目の肥えたオタクならまだしも、一般人にはプロとハイアマチュアの違いなんてあんまりつきません。

家の近くで積極的に営業をかけましょう。

広いネットの世界より、まずは狭い地域で経験地稼ぎです。

勢い余って市役所とかとの仕事の実績があれば、「官公庁との仕事の実績があります!」と堂々と言えますしね。

まとめ

・イラストの値段は最低でも、かかった時間×1000円は見積もる
・イラストの単価を上げるためには
①技術を高める
②専門性を高める
③ネットから遠い場所で経験を積む

以上、イラストの値段の決め方と単価を上げる方法三つでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。