【書評】人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

スポンサーリンク

どうも、チーズフライささ美です。

今回は、「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」の書評をします。

がんがんネタバレするのでよろしくお願いします。

「勘違いさせる力」とは?

ハロー効果やプラシーボ効果などの心理的な錯覚から生み出される、

「自分は有能であり、運も実力もあるすごい人間なんだ」という

見せかけの虚像を作る力です。

しかし、これはただのこけおどしじゃないんです。

この力が強ければ強いほど人生で有利になる、と作者は言っています。

やべーやべー!

詐欺師が勝つってこと?

端的に言えばそうです。

しかし、「勘違いさせる力」は「信用」や「信頼」と言い換えられて

今のインターネット社会に染み渡っています。

「信用力」すなわち「勘違いさせる力」なのです。

なので世のインフルエンサーはみんな「勘違いさせる力」を悪意なく使っている状況ですね。

おいおい……!

結局この本は何が言いたいの?

みんなも錯覚資産(勘違いさせる力を生み出すスキルなどのこと)をつかってハッピーになろうぜ!

というわりと悪魔の書寄りの本ですね。

ビジネス書のわりには自分の善意とか悪意とかを揺さぶられる、

結構危険な本かなと。

ただ、本を読んで実践する人は1割くらいなので

本当に一部の人がどえらいハッピーになるんじゃないかと見ています。

感想

これからの方針を少し決めることができたので、

読んでよかったと思いました。

僕は美しく負けるより醜く勝つ方を選びます。

善悪の観念を揺さぶられたい人はぜひ買ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。