共感力の低い病気「アスペルガー障害」でもブログを書き続けます

スポンサーリンク

どうも、共感力の低いチーズフライささ美です。

私は共感力が低い……

先日発達障害の検査を受けて、ASD(自閉症スペクトラム障害)(旧区分:アスペルガー障害)と診断されました。

北朝霞の中村メンタルクリニックで発達障害の検査! ASD(自閉症スペクトラム障害)(旧区分:アスペルガー障害)と判明しました

・知能は高い
・社会とのかかわりが苦手
・共感性や想像力に欠ける

気になったのは「共感性や想像力に欠ける」というところ。

ブログで誰かの心に響く文章を書くには、共感力が欠かせません。

共感力の低い自分ではブログが書けないのかと心配になり……

自分、ブログに向いてないんじゃないかと思う

それでもなんとか文章を組み立てていきましたが、もやもやとした気持ちは晴れませんでした。

そこで、ヤるサロンのルーキー合宿に参加したとき、思い切ってあんちゃさんに質問してみました。

腹にストンと落ちた感覚がしました。

共感力が低いゆえのエピソード

雑談中に自分が何気なく発言したとき、急に黙られたことはありませんか?

LINEやメッセンジャーのグループで、自分が投稿すると流れが止まる。身に覚えがありませんか?

大人数でどこかへ徒歩へ移動する際、どうしてもどこのグループにも入れなかった経験はありませんか?

……実は、共感力が低いのではないかと悩んだことはありませんか?

共感力が低くても、ブログを書き続ける

生まれ持った障害で、向き不向きがあるのは確かにわかる。

それでもブログを書き続けて、生きていきたい。

会社という組織になじめない私には、ブログで稼ぐしかないのだから。

だから、私は希望になる。

私と同じように、障害で八方塞がりなんじゃないかと悩んでいる人を導く星になる。

共感力が低くてもブログで稼げるんだぞ、という生き証人になってやる。

私こそが光だ。

あなたも、きっとできるよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。