二次創作を取り巻く状況は変わる 金と権利とブロックチェーン

スポンサーリンク

どうも、チーズフライささ美です。

今日は私の予言というか妄言について付き合ってもらいます。

二次創作ってありますよね。

マンガやアニメなどの原作を元に作った創作物のことです。

今のところは出版社の利益を害さない、むしろ人気のバロメーターとなっているところもあります。

いわゆる「ファンアート」として黙認されてはいますが、法律上はグレーな存在です。

一般読者の目に入らないようにとみんな隠れるポーズは取っているようですが、編集者などは絶対に見ています。

むしろ見ていない編集者がいたら、はっきり言ってリサーチ不足です。

二次創作の問題点はファン同士で完結してしまっていること

漫画村などの騒動もあり、マンガ雑誌業界は今大変な苦境に陥っています。

雑誌はそもそも赤字で見積もり、単行本の売り上げでギリギリ支えられている状況です。

そんな中で出版社が指を咥えて傍観するしかないイベントが、同人誌即売会。

いわゆるコミケなどです。

個人が中小の印刷所を使って同人誌を制作、個人に売るという形になっています。

原作の権利元である出版社が介入できない形になっているのです。

人のキャラクターを使って商売しているのに、肝心の原作者が何も利益を得られていない。

ずっと続いてきたこの状況は、不健全ではないかと私は思います。

これから二次創作は「版権料」ビジネスに巻き込まれる?

何度も言いますが、マンガ雑誌業界は苦しいです。

コンテンツを使った新しいビジネスモデルがあれば、喉から手が出るほど欲しいという状況なのです。

そんな業界を尻目に、ファン同士は「あくまでも交流」「愛があれば許される」と同人誌を販売しています。

実際ほとんどのサークルは赤字なのですが、即売会の中で動いているお金の量はかなりのものです。

出版社が「二次創作するならそれなりのお金を払ってもらうよ」と言う未来が、いずれやってきます。

実際、即売会を管理している会社に働きかければ一発でしょう。

株式会社コミケット、赤ブー、YOUなどの大手即売会運営会社であっても、出版社の言うことを聞くしかありません。

訴訟リスクを背負ってまで即売会の運営はしませんからね。

上昇スパイラルに乗るか、衰退するか

ここで最高のパターンと最悪のパターンを考えて見ましょう。

最高のパターン

二次創作でお金が徴収される→それを元手に出版社や原作者がよりよい作品を作れる→さらに二次創作が盛り上がる→より多額のお金が徴収される→それを元手に……

このような好循環が起こればいいんですけどね。

最悪のパターン

二次創作でお金が徴収される→公式の介入にファンがためらって二次創作しない→原作の人気縮小→人気作品も打ち切り→ますます出版社が厳しくなる→二次創作でより多額のお金が徴収される→公式の介入に……

あくまでこれは「最悪」の予想なので、十中八九起こらないと予想しています。

二次創作というものは、本来「うおおおおおなんでこれがないんじゃあああないなら俺/私が作る!」という、とり憑かれたような熱量で行われるものです。

出典は確かTwitterだったような。同人活動は「暇をもてあました神々の遊び」なんかじゃなく、「暇をひねり出した神々の死闘」だという話です。

そんな情熱はお金ごときでブレーキはかかりません。そもそも先に説明したように、ほとんどのサークルは赤字です。

趣味の活動で少しお金を徴収されたからといって、同人活動を止める人間は結局それまでの愛だったということです。

二次創作・同人活動とブロックチェーンテクノロジー

話は飛びますが、仮想通貨というものはご存知でしょうか?

例えば日本円は日本銀行、ひいては政府がその価値を担保しているからただの紙ではなく紙幣として取り扱えるわけです。

仮想通貨はプログラムの演算能力を担保にして、ブロックチェーンという分散型の台帳に全ての取引記録を記入することでその価値を保証しています。

不正が行われにくい、不正を行ってもリターンが著しく少ないという点で優れています。

二次創作にも、やってくるでしょう。ブロックチェーンの波が。

ブロックチェーンはインターネットやスマホと同じレベルまで社会に浸透します。

これはもう疑いようのない未来です。

二次創作の版権料を仮想通貨で支払って、作品をブロックチェーンの上に乗せて販売するという未来がきっとやってきます。

ここらへんの仕組みはもっと頭のいい人が考えてくれるでしょう。

いずれにしろ、変革のときは近いということです。

これからやってくる二次創作の未来に、私たちができること

それまでに私たちができることとはなんでしょうか。

それは、「正しい情報を手に入れて、自分の頭で考えて、意見をはっきり表明する」ということです。

間違った情報を手に入れてしまえば、そこを起点に全てを間違えてしまいます。

ただ流されるだけでは、いずれ悪い人にだまされてしまいます。

意見を表明しなければ、あなたは存在しないのと同じです。

魂に染み付いた原作への愛を携えて、これからの二次創作の行方を注視していきましょう。

世界中に広がった二次創作という文化が、途絶えないためにも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。