チーズフライささ美が小説を書く理由

スポンサーリンク

どうも、過激なBLが大好物のチーズフライささ美です。

今回は、私が「んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説を書く理由」について語ります。

過激なBLはアンハッピーなものが多かった

元々私がんほぉ系BL小説を書く前にも、過激なBL小説は存在していました。

しかし、そのほとんどが無理やり・強引といったハッピーではないものです。

ハッピーエンド過激派の私としては許しがたい光景でした。

「全てのカップリングに幸せを」がモットーの私にとっては、大変不満足な状態です。

「ないなら作る」の精神

そこで私は思いました。

「ないなら私が作るしかねえ……!」

そうして出来上がったのが最初の小説です。

即席でfc2ブログを作り、アップして様子を見てみると……

思ったより反響がありました。

続けてアップしていくうちに、

「あれ? これカネ取れるんじゃね?」

と思ってkindleのセルフパブリッシングに手を出します。

処女作はこちら。

表紙はファンの方が無償で作成してくれました。ありがたいことです。

kindle本は隔月ペースで発行しており、

毎月10000円程度収入が入ってきます。

さらにパトロンサービスなるものがあると知り、

月額1000円で週1回短編小説を連載することを決めました。

週刊チーズフライ

掲載してくれる場所がないなら、自分で作ればいいのです。

おかげさまで、月18000円程度の収入が入ってきます。

モットーは「月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。」です。

2ヵ月後の自分に向けて書いている

収入があってもなくても、私は書き続けていると信じています。

なぜなら、私の作品の1番のファンは私であるからです。

たくさん小説を書いていると、2ヵ月後ぐらいには書いた内容を忘れています。

前に書いた作品を読み返したときに、

「えっ……この素晴らしい小説書いた天才って誰……私だ~~~~~! うひょ~~~~~!」

となり、萌えと承認欲求が同時に満たされるのです。

まとめ チーズフライささ美は自分の小説が大好き!

自分の作品が大好きだから。

それが、私が小説を書く理由です。

しかし、これだけでは成長が見込めません。

まだ見ぬ新しい可能性を自ら潰してしまっているということもありえます。

ということで、研鑽の道も忘れてはいません。

よりエロく、よりハッピーに!

高みを目指しつつ、これからも書き続けていきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。