方南町の中華料理屋といったら圳陽(せんよう) 食べてきた

スポンサーリンク

どうも、辛いのは苦手なチーズフライささ美です。

辛いのが苦手なのに、なぜか広東料理を食べにいってきました。

ミシュランにも載った名店「中華銘菜 圳陽」(せんよう)です。

さんしちさんまるまさんナナシロさんと4人で行きました。

方南町の中華料理屋・圳陽(せんよう)のアクセス

環七通り沿いにあるお店です。

公式ホームページに行き方が載ってます。

店の前には、順番待ちのお客さんがずらっと並んでいました……さすがミシュラン。

方南町の中華料理屋・圳陽(せんよう)のメニュー

何度も繰り返しますが辛いのが苦手なので、

同行者3人は麻婆豆腐を頼みましたが

私は「豚バラとキャベツの甜麺醤(テンメンジャン)炒め定食」(900円)を

注文しました。甜麺醤って甘辛いってきいたから!

そして来たのがこれ。

(見えないですがこれにスープが付きます)

おいしそ~~!

甜麺醤の甘い香りが食欲をそそります。

食べると……

辛うまっ!!!

甘辛い味付けなのにくどくなく、しかしごはんが進む上品な味の濃さ!

豚バラにも野菜にも味がしっかりと絡んで、箸がとまらない!

ミシュラン入りも納得の逸品です!

同行者のまるまさんの食レポはこちら!

辛いの苦手じゃなかったら絶対食べてた!

ていうかまるまさん食レポうまいな……!

方南町の中華料理屋・圳陽(せんよう)のデザート

杏仁豆腐(300円)も頼んだのですが、こちらは残念な感じでした。

クコの実などの飾りもなく、食べても普通。

料理がおいしかっただけに、ハードルがあがり過ぎてるのはわかるんですが……

コンビニの杏仁豆腐と味は変わりません。

「中華料理屋に杏仁豆腐がないのは不自然だから仕方なく出している」という感じが……

私が深読みしすぎでしょうか?

ただ、同行者のさんしちさんの頼んだ「マンゴースープ」はおいしそうでした!

デザートはそちらをオススメします。

方南町の中華料理屋・圳陽(せんよう)のまとめ

デザートはともかく、料理は絶品!

アクセスの悪さを乗り越えても行く価値は絶対にあります。

おいしい中華料理が食べたいなら、ぜひ行ってみてはどうでしょうか!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。