実家暮らしからシェアハウス沼にドハマリした女がシェアハウスをプレゼンする

スポンサーリンク

どうも、チーズフライささ美です。

えーわたくし、めでたくシェアハウス沼にドハマリいたしました。

元々は母親から逃げるため、実家暮らしから離れる必要があり

一時的な避難所扱いにしていたのですが……

「シェアハウス、めっちゃ快適!」

魅力に気付いてしまったのです。

6月中旬でやめるはずだったシェアハウス生活があんまりにも名残惜しくて、

7月には別のシェアハウスに移る算段でございます。

もう毎日が楽しくて仕方がない。

というわけで、実家暮らしと比べてシェアハウスのメリットを語りたいと思います。

シェアハウスは自立と依存のバランスがいい

実家暮らしだとどうしても両親に頼ってしまいがちです。

親もなんだかんだで甘やかしてくれるんですよね。

シェアハウスでは他人同士なので程よく自立ができます。

しかし、自分のできないこと・苦手なことはシェアハウスで一緒に暮らしている住人に頼めばいいのです。

一人暮らしだと何でも自分でやらねばいけませんが、

シェアハウスだと程よく依存できてとても快適。

依存は悪いことのように思えますが、

依存先を増やすことこそが自立なのです。

シェアハウスは居場所をみんなで作りあげる

人間が最も快楽を得る行為とは、

「仲間と協力して一つの物事を作り上げる」

ことです。ソースはネットのどっかにある。

シェアハウスはまさに、自分たちの居場所を協力して作り上げている状態です。

脳みそからドーパミンドバドバでまくりになるのは当たり前のことですよね。

実家暮らしだと、「場」が既に親の価値観に沿って完成されているので

なかなか子供は手を入れにくいんですよ。

シェアハウスであれば住民全員が平等なので、

環境づくりに一言物申すことができますね。

シェアハウスは何もかもが自由

最低限のルールを守ればの話ですが、

シェアハウスは基本的に何してもいいんです。

参考記事→シェアハウスに1週間住んで手に入れた3つの自由

ベッドに引きこもるのもよし、

変な時間にご飯を食べてもよし。

実家だと両親の生活リズムに嫌でも合わせなければご飯にありつけませんので、

自由な生活は送りにくいです。

また、怠惰な生活をしていれば両親に口うるさく言われるでしょう。

シェアハウスでは住民はなかよしですが基本的に他人同士なので、

他人の生活リズムに介入はしません。

シェアハウスはさみしくない

シェアハウス一番のメリットです。

他人と生活を共にするので、さみしくない。

色々な価値観を持つ人と一緒になるから、飽きない。

時にはぶつかり合うこともありますけど、

毎日の会話が漫才みたいでおもしろいんです。

もう最高。これだけでもシェアハウスに住む価値はあります。

寮生活が毎日続くような感じで、普通に楽しいんですよ。

まとめ シェアハウスはいいぞ

みんなもシェアハウス沼においでよ!

一人暮らしにつかれたあなたも、

実家暮らしから踏み出せないあなたも!

さあ、沼に飛び込んでごらん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。