化粧しない女だけどなんでそんなグチグチ言うの? すっぴんで別によくない?

スポンサーリンク

化粧したくない女です

24歳。女。化粧したくない派のチーズフライささ美です。

大学生のころから、なぜ化粧をしなきゃいけないのかがわからない。

肌が窒息している気がする。

強風が吹くと、口紅のついた唇に髪の毛がべとべとくっつく。

日焼けしたくないなら日焼けクリームを塗ればいいじゃない。

意味のわからない同調圧力に負けたくないという意地もあるかもね。

今でも親の目を盗んで、平日はすっぴんで図書館などに出かけています。

すっぴんが恥ずかしいという意識は誰もが持っているわけじゃない

「すっぴんなんて恥ずかしくないの?」

全然恥ずかしくないよ。

「常識がないんじゃない?」

まずその常識を疑えよ。思考停止するな。

「人の目があるし……」

人の目を気にするな、というのは難しいかもしれないけれど、

それだといつまでたっても「他人の視線」の奴隷だよ?

化粧はやりたい人たちだけがすればいい

化粧したい人はすればいい。

化粧でよりよく自分を見せたいという気持ちだってあるだろうし。

一種の表現方法だとすら思っているし。

最新コスメを使ったメイク術動画とか、私も「ほー、うまいなあ」と感心するもの。

「全女性、全人類はメイクするな!」と言っているわけじゃない。

すっぴんだから「変!」と言うのをやめてほしい。

変だと思うだけなら否定しない。

ただ、見た目が理由で何かが不利になったりするのはおかしい。

見た目が勝負の芸能界や受付とかならしょうがないと思うけど、

例えば普通の事務職で美人な方を採用するのはおかしいでしょう?

事務処理能力から判断をするよね?

判断基準に「メイクをしているかどうか」なんて関係ないでしょう?

そういう話だよ。

化粧自体を否定しているわけじゃないよ。

暗黙の了解にするなという話

就職活動のときも、すっぴんではまず常識を疑われてしまう。

そんな世界が窮屈で嫌だった。

今でもすっぴんで出かけようとすると必ず母親に怒られる。

彼女は旧来の常識が凝り固まったような人間で、

見つかるとしぶしぶ従っているけれど。

知っているんだからね。

化粧が面倒なときは、マスクを付けて外出しているのを。

まあ別にどうでもいいんだ、あなたのことは。

ただ、私がすっぴんで出歩き、すっぴんで友達と会い、すっぴんで食事をして、

すっぴんで生きることを許してほしいだけなんだ。

すっぴんイコール常識のない人?

バカバカしい。

常識に振り回されて生きるより、自分の快不快を基準にして生きていけないのかね。

そんなわけで、私は今日もすっぴん!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

チーズフライささ美の週刊チーズフライ
チーズフライささ美の小説を週1で定期購読するにはこちら!
月曜日が憂鬱すぎる腐女子たちに、んほぉ系♥喘ぎ淫語いちゃラブBL小説をお届けして、生きる活力を得るお手伝いをします。